京都の外壁塗装会社の口コミをチェック
京都 外壁塗装の口コミ > お役立ちネタ > 外壁塗装工事をする場合に、固定資産維持の経費はどうなる?

外壁塗装工事をする場合に、固定資産維持の経費はどうなる?


外壁塗装工事をする場合に、固定資産維持の経費はどうなる?

修繕費となる場合とならない場合があります。
■外壁塗装費用が修繕費となる場合

建物の外壁塗装、壁や床の張替えは、固定資産の維持・管理・現状回復として通常から考えて必要である修理やメンテナンスである場合があります。
そのように判断できるならば、税務上から見て外壁塗装の費用は修繕費として処理することが可能です。

■外壁塗装費用が修繕費とならない場合

外壁塗装などの修繕工事の頻度・規模・高性能化改良などによって、その工事が価値や性能・耐久性を向上させるための修理ならば話しは別。
このように判断される場合は、修繕費としては認められませんので注意してください。

外壁塗装工事をする場合に、固定資産維持の経費にできるのは?

修繕費にできるのは固定資産の維持、管理、原状回復の費用だけになります。

戸建て住宅の建物の場合でお話する分かりやすいでしょう。
具体的には、「雨漏り」や「とい」を修繕すること・ガラスを取り替えたり・外壁塗装で壁を塗り替えたりすることなどが該当します。

ですが工事と一緒に、避難階段を取り付けたり、なにかを付加したりするような場合の費用は違います。
資産価値を延長させたり、用途を変更したり、価値増加のための支出であると見なされます。

外壁塗装工事はおおむね経費であると認められるケースが多いです。
ついでに他の工事をする場合は気をつける必要があります。

外壁塗装の破損箇所の修復工事をするついでに、手すりなどを取り付ける工事をする場合は注意してください。
資本的支出となって減価償却の対象となってしまいますので、工事の明細はきちんと区別して作成してもらいましょう。

外壁塗装以外の工事もついでにしてしまう場合は、きちんと区別することで外壁塗装などの修復工事は修繕費として認められることができます。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

京都 外壁塗装の口コミランキング

外壁.com

業者について

外壁.comはネット上の見積もりだけで工事ができる外壁塗装業者で、年間の工事保証がついている安心の業者です。

ココがポイント!!
  • ネットの見積金額と同じで安心
  • 見積もりシミュレーション特許取得
  • 専任の外壁アドバイザーが対応

ライオンホーム

業者について

ライオンホームは外壁塗装、屋根塗装、水廻りのリフォームなどいろいろな工事に対応している京都の工務店です。

奥田塗装

業者について

奥田塗装は言葉遣いがすごく丁寧でしかも外壁塗装についてしっかり説明もしてくれます。

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

お役立ちネタ

京都の外壁塗装業者

ページトップへ戻る
サイトマップ  | プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング