京都の外壁塗装会社の口コミをチェック
京都 外壁塗装の口コミ > お役立ちネタ > 外壁塗装の税金控除の仕組みは?

外壁塗装の税金控除の仕組みは?


外壁塗装の税金控除の仕組みは?

住宅ローン減税の制度があります。
建物を購入した場合に適用される制度ですが、外壁塗装工事などリフォームをする場合でも利用できるので覚えておくとお得です。
減税手続きと言いますと、手続きがややこしそうと思いますが、頑張って手続きをすればお得になるのです。

外壁塗装をしたときにその費用が減税の対象になる場合に税金が戻ってきますが、減税対象の限度額は400万円と決められています。
もしも、該当すれば10年間、毎年年末の住宅ローン残高の1パーセントに相当する金額が減税されます。

利用される住宅ローンの金利によっても違うのですが、お得になります。

住宅ローン控除に該当するにはどんなポイントがあるの?

ここで、問題になるのが「大規模」ということですが、建築物の主要構造部の1種以上となります。
「模様替え」とは仕様や材料を変えて改修工事をする前の建物の価値低下を防止する工事になるのです。
では、必要な項目をご紹介してまいりましょう。

建物を取得して居住をスタートした時期

平成26年4月1日から平成31年6月30日の間、その時期によって、この期間は変わる場合があります。

建物の中の主要構造部の模様替えリフォーム費用が100万円以上かどうか

外壁塗装は一般的に主要構造部には該当しないのですが、住宅ローン控除の場合は該当することになっています。
それ以外の部分の塗装をする場合は、主要構造部の該当とみなされません。

外壁塗装をする依頼者のその年の取得合計金額が3000万円以下であること

年収ではなくて、いろいろな控除をしたあとの金額が3000円以下であれば該当することになります。

それ以外に

住宅ローンを10年以上借りることや、増改築面積が50平米以上になります。
またご自身が居住する建物の工事しか該当しませんから、賃貸や親や子どもが住宅ローンで借り入れるときは該当しません。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

京都 外壁塗装の口コミランキング

外壁.com

業者について

外壁.comはネット上の見積もりだけで工事ができる外壁塗装業者で、年間の工事保証がついている安心の業者です。

ココがポイント!!
  • ネットの見積金額と同じで安心
  • 見積もりシミュレーション特許取得
  • 専任の外壁アドバイザーが対応

ライオンホーム

業者について

ライオンホームは外壁塗装、屋根塗装、水廻りのリフォームなどいろいろな工事に対応している京都の工務店です。

奥田塗装

業者について

奥田塗装は言葉遣いがすごく丁寧でしかも外壁塗装についてしっかり説明もしてくれます。

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

お役立ちネタ

京都の外壁塗装業者

ページトップへ戻る
サイトマップ  | プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング