京都の外壁塗装会社の口コミをチェック
京都 外壁塗装の口コミ > お役立ちネタ > 外壁塗装のクーリングオフをする方法とは?

外壁塗装のクーリングオフをする方法とは?


外壁塗装のクーリングオフをする方法とは?

ポイントは期間内の発信と発信した日付の証明!
消費者が外壁塗装工事を契約したあと「8日間以内」であれば無条件に契約を解除できる制度です。
クーリングオフ適用期間に契約を解除したら、外壁塗装業者は建物を契約する前の状態に戻すことが義務化されています。
それに必要な費用は外壁塗装業者が負担することになります。
取り付けたものや設置された物も全て外壁塗装業者が負担して元通りにしなければなりません。

クーリングオフの手続きをする場合は、電話ではなくて書面による手続きが必要になります。
1日目の捉え方ですが、契約書を受け取った日になります。
その後、8日以内に「書面」で通知をするわけです。

8日の法廷期間を過ぎたらクーリングオフできないの?

できる場合があります。

■事実とは異なる説明があった場合
消費者が誤認したり困惑したりするのは、外壁塗装業者が威迫したりウソをついたりする場合です。
その結果として、クーリングオフができなかった場合は、期間に関係なくクーリングオフできるのです。

■契約書に不備があったり、そもそも契約書が交付されていない場合
書面が交付されていなければ、クーリングオフ期間が始まっていませんから、いつでもクーリングオフが可能です。

記載に必要な項目をご紹介しておきます。

・外壁事業者の氏名や所在地などに関する事項
・契約の日付
・契約商品に関する項目
・代金に関する項目
・商品の引渡時期や、権利移転の時期、役務の提供時期など契約の履行に関する項目
・クーリングオフの要件および効果……赤枠、赤字、8ポイント以上の活字で記載されている必要があります。

■消費者契約法や民法による救済ができる場合
クーリングオフが適用できない場合でも、不適切な方法で契約された契約は取消ができます。

注意したいのはクーリングオフができない場合です。
例えば、利用者が外壁業者に連絡をして訪問してもらった場合や、自分で店舗に行って契約した場合などは適用できません。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

京都 外壁塗装の口コミランキング

外壁.com

業者について

外壁.comはネット上の見積もりだけで工事ができる外壁塗装業者で、年間の工事保証がついている安心の業者です。

ココがポイント!!
  • ネットの見積金額と同じで安心
  • 見積もりシミュレーション特許取得
  • 専任の外壁アドバイザーが対応

ライオンホーム

業者について

ライオンホームは外壁塗装、屋根塗装、水廻りのリフォームなどいろいろな工事に対応している京都の工務店です。

奥田塗装

業者について

奥田塗装は言葉遣いがすごく丁寧でしかも外壁塗装についてしっかり説明もしてくれます。

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

お役立ちネタ

京都の外壁塗装業者

ページトップへ戻る
サイトマップ  | プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング