京都の外壁塗装会社の口コミをチェック
京都 外壁塗装の口コミ > お役立ちネタ > 外壁塗装で部分補修が必要な場合はどんなケースがあるの?

外壁塗装で部分補修が必要な場合はどんなケースがあるの?


外壁塗装で部分補修の必要性

外壁塗装の全ての箇所が同時に劣化しないから部分補修すれば無駄がないです。
家は風雨にさらされて経年劣化します。
劣化具合がある一定の基準を超えたときに、ひび割れや剥がれなどになって現れるのですが、補修箇所が出てきたときにすぐに補修すると余計なお金を支出することもありません。

外壁塗装の損傷が大きくなる前に対処していれば、大規模な補修までの時間をのばすことができます。
結果的に家の寿命を長くできます。

外壁塗装における部分補修というのはどのようなものがあるかを確認しておきましょう。

外壁塗装で部分補修が必要な場合はどんなケースがあるの?

一番多いのがひび割れ部分補修工事です。

外壁塗装のひび割れは、年数が経った住宅で普通に発生しています。
そのヒビ割れする場所もコンクリート部分、モルタル部分、サイディング部分、屋根部分など家中のいろいろな所に発生します。

ひび割れは別名クラックとも言われます。
最初は、髪の毛のような小さい細いクラックができます。
これをヘアークラックと呼んでいます。

外壁の防水性能に影響を及ぼさないほどの小さいヘアークラックから、早急に補修を行わないと、家に重大なダメージを与えてしまうものまでいろいろ。

モルタル壁の場合は、一番表面が塗装の膜になっております。
その内側部分にモルタル、金網、防水シート、下地の板が続く構造になっています。

微細なクラックであれば、塗膜だけのひび割れですから、防水性能に大きく影響を及ぼすことはないでしょう。
ですが、モルタルや防水シートまでひび割れてしまっている場合は違います。
中に雨水が浸入してしまうリスクがあります。

ひび割れを補修する方法としては次の3つの方法があります。
・ダイレクトシール工法
・低圧樹脂注入工法
・U字カットシール工法

クラックスケールは、このひび割れをはかる専用の物差しで計れるツールです。
外壁塗装業者は、ひび割れの大きさをはかり、それによって工法を選んでくれます。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

京都 外壁塗装の口コミランキング

外壁.com

業者について

外壁.comはネット上の見積もりだけで工事ができる外壁塗装業者で、年間の工事保証がついている安心の業者です。

ココがポイント!!
  • ネットの見積金額と同じで安心
  • 見積もりシミュレーション特許取得
  • 専任の外壁アドバイザーが対応

ライオンホーム

業者について

ライオンホームは外壁塗装、屋根塗装、水廻りのリフォームなどいろいろな工事に対応している京都の工務店です。

奥田塗装

業者について

奥田塗装は言葉遣いがすごく丁寧でしかも外壁塗装についてしっかり説明もしてくれます。

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

お役立ちネタ

京都の外壁塗装業者

ページトップへ戻る
サイトマップ  | プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング