京都の外壁塗装会社の口コミをチェック
京都 外壁塗装の口コミ > お役立ちネタ > 塗装する事が出来ない外壁材の特徴は?

塗装する事が出来ない外壁材の特徴は?


外壁が劣化してくると塗装業者に外壁塗装の工事を依頼をして対応していきますが、外壁材によっては塗装する事が出来ない場合もあるので注意しなければいけません。

築年数が10年を経過すると外壁塗装をする準備をしますが、塗装する事が出来ない外壁材なので困ってしまうケースもよくあります。

塗装する事が出来ない外壁材を使用している場合は張り替えなどをして対応していく必要があるので塗装作業をするより大規模なリフォームをしなければいけません。

それで準備にも時間がかかってしまうので塗装する事が出来ない外壁材の特徴を確認していきましょう。

塗料の密着が悪い

外壁塗装は塗料が外壁に密着しやすくするために下塗りをしてから中塗り、上塗りという流れで行っていきます。

最初に下塗りをする事で塗料が外壁に密着しやすくなりますが、外壁材によっては密着しない事もあります。

塗料が外壁に密着しないと塗装した後にすぐ剥がれてしまうのでまたやり直さなければいけなくなります。

塗装する事が出来ない外壁材は塗料の密着が悪いという特徴があるのでしっかり覚えておきましょう。

艶が出やすい

新築の時に外壁があると艶が出ていて輝いているように見えるでしょう。

艶が出ている時は防水性や断熱性が高いので雨漏りを防いだり部屋の中の温度を一定に保ち続けてくれます。

しかし塗料を弾きやすい傾向があるので塗装作業した後にすぐ剥がれてきてしまう事も多いです。

艶が出やすい外壁材は機能性は高いですが、塗料が密着しにくいので塗装する事が出来ないと判断する業者も多いです。

間違えやすい部分でもあるのでしっかり覚えておきましょう。

まとめ

塗装する事が出来ない外壁材がある事は知らない人も多いでしょう。

しかし塗料の密着が悪い、艶が出やすいという特徴がある外壁材は塗装する事が出来ないので住んでいる家の外壁が該当している時は注意しましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

京都 外壁塗装の口コミランキング

外壁.com

業者について

外壁.comはネット上の見積もりだけで工事ができる外壁塗装業者で、年間の工事保証がついている安心の業者です。

ココがポイント!!
  • ネットの見積金額と同じで安心
  • 見積もりシミュレーション特許取得
  • 専任の外壁アドバイザーが対応

ライオンホーム

業者について

ライオンホームは外壁塗装、屋根塗装、水廻りのリフォームなどいろいろな工事に対応している京都の工務店です。

奥田塗装

業者について

奥田塗装は言葉遣いがすごく丁寧でしかも外壁塗装についてしっかり説明もしてくれます。

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

お役立ちネタ

京都の外壁塗装業者

ページトップへ戻る
サイトマップ  | プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ | リサーチ詳細
徹底比較ランキング